[リストへもどる]
新着記事

タイトルRe^3: アラシは削除
記事No2088   [関連記事]
投稿日: 2015/12/17(Thu) 19:20
投稿者宿敵
参照先http://ameblo.jp/dogawa/
> > 私のブログにHARAMASEの記事を書き込んでいるのはあなたですね?

タイトルRe^2: アラシは削除
記事No2087   [関連記事]
投稿日: 2015/12/07(Mon) 11:30
投稿者宿敵
参照先http://ameblo.jp/dogawa/
> 私のブログにHARAMASEの記事を書き込んでいるのはあなたですね?

タイトルRe: アラシは削除
記事No2086   [関連記事]
投稿日: 2015/10/31(Sat) 17:21
投稿者宿敵
参照先http://ameblo.jp/dogawa/
私のブログにHARAMASEの記事を書き込んでいるのはあなたですね?

タイトルRe^2: 二次予防事業対象者について
記事No2050   [関連記事]
投稿日: 2012/04/19(Thu) 12:31
投稿者冬が大好き
返信ありがとうございます。

迷惑というほどのことは無いのですが、人工関節を入れていたり他にもいろいろあって別メニューにする必要があります。全体の流れが少し悪くなることくらいでしょうか。

でも、もっと制限があるような人がきたらどうするべきか、不安があります。

しかし、やはり利用制限(介護申請をして非該当にならないとだめとか)はできないのですね。頑張っていきます。ありがとうございました。

タイトルRe: 二次予防事業対象者について
記事No2049   [関連記事]
投稿日: 2012/04/19(Thu) 08:27
投稿者ポイント
あくまで私見ですが、他の利用者に迷惑がかかるとかでなければ、そのまま利用されてもいいのではないでしょうか。

要支援・要介護状態になるのを防ぐ目的の事業ですが、要介護認定申請をしなければ、ずっと対象になるわけですから。

タイトル二次予防事業対象者について
記事No2046   [関連記事]
投稿日: 2012/04/18(Wed) 15:24
投稿者冬が大好き
お世話になっております。タイトルの件でご教示ください。

町より二次予防事業の委託を受け通所型の運動器機能向上教室をしています。

対象者は、主として要介護状態等となるおそれの高い状態にあると認められる65歳以上の者を対象としており、要介護・要支援の認定を受けているものは対象にならないと思います。

教室の1クールは3ヶ月で、その教室を終了後介護申請をされ要支援2が出た方がいらっしゃいます。その方は住宅改修のみを介護保険で行い、その他は一切介護保険を利用されていません。
認定期間が半年だったため、半年後更新手続きは行わず失効させるというのです。そして、失効後は介護保険証を持っていないのでまた教室に参加すると言われました。

町や広域の保険者は介護保険を持たないので教室に参加するのは問題ない。と言います。しかし、更新手続きをして非該当になったのなら問題ないのですが、意図的に失効させ介護保険を持ってないから教室に参加させろと言うのは違うと思うのです。

資料をいろいろ探しましたが、明らかに要介護・要支援に該当すると思われる方は拒否してよいというものはありませんでした。(見つけられませんでした)
介護保険を無理に更新させることもできないためこのまま失効後受け入れるしかないのでしょうか。要支援ならまだしも要介護に該当するような人が同じようなことを言ってきたらどうしよう。と心配になります。
要支援・要介護に該当すると思われる場合の断る理由として正当なものが無いでしょうか教えてください。

タイトルRe: 教えて下さい
記事No2045   [関連記事]
投稿日: 2012/03/31(Sat) 13:41
投稿者ポイント
ももさん
こんにちは。

まず、どこの掲示板でも、タイトルに「教えて下さい」はやめましょうというのが一般的な流れというか、エチケット的に定着してきていますので、質問のサマリー的内容を記載いただいた方がいいかと思います。
ちなみに、某チョー上から目線の掲示板は、そんなタイトルにすると削除対象とされているらしいです。


さて、まず@です。
 介護保険法をご覧いただいたらいいのですが、訪問看護の定義に具体的にどのような行為が訪問看護に当たるか、までは記載されていません。
 保助看法に則り、医師の指示による行為を利用者宅を訪問して行うことが訪問看護になるわけです。

そういう前提で、
> @については、都の介護保険担当者に問い合わせしたところ、
> 「うーん、採血に関しては検査の項目で手技料も含めて
> 医療保険で算定していると思うから、介護保険で採血のみで
> 訪問して算定したら、2重算定になるんじゃないかなあ。
> だから介護保険で算定してもダメじゃないかな。」と。

 これは一部、的外れな回答です。じゃ、医療保険適用の訪問看護ならできるのか?という話にもなってしまいます。

 問題は、採血が“看護”に当たるのかどうかです。都の言う通り、検査のための採血であって、検査料及び採血料を医療機関で算定しているのであれば、その医療機関の医師が直接または同行した看護師が採血すべきでしょう。

 このように簡単な方程式のように答えが出る質問ではありません。

Aについては「重度心身障害老人健康管理事業」でしょうか?つまり身障手帳1級、2級等の所持者ということでしょうか?
 これに関しては、介護保険の方では公費の対象に入っておらず、医療保険のみです。だから訪問看護が医療保険適用であれば、その患者負担分に対してこの公費から給付があります。この手帳を持っている=医療保険適用ではありません。

 おっしゃるとおり、これは国ではなく都道府県の管轄なので、取り扱いが異なる可能性が十分にあります。
 都の障害福祉関係の部署にお問い合わせ下さい。

タイトルRe^13: ケアプラン交付について
記事No2043   [関連記事]
投稿日: 2012/03/20(Tue) 22:42
投稿者tomato
不快な気持ちまで共有させてしまい、すみません。

ポイントさん、どるくすさん、いろいろ本当にありがとうございました。

タイトルRe^12: ケアプラン交付について
記事No2042   [関連記事]
投稿日: 2012/03/19(Mon) 16:52
投稿者ポイント
最近、このBBSが不安定でなかなかコメントができず申し訳有りません。

大阪府の協会の地域の役員をしている方には訴えておきましたが…

大阪も日本もなかなか本来すべき役割を果たせていませんねぇ

京都もわけのわからん事務局長が、わけのわからんことをして会員の反感を買っていますし...

会員個々がみんなで賢くなって、自分たちが組織を運営するようにしていかないと、ダメですねぇ…

タイトルRe^11: ケアプラン交付について
記事No2041   [関連記事]
投稿日: 2012/03/18(Sun) 21:24
投稿者tomato
ポイントさん、しつこかったらごめんなさい。

実は今日、大阪介護支援専門員協会の掲示板管理者からメールが届きました。


>お名前と連絡先をお尋ねさせていた理由ですが、
>発言内容/意見に責任を持ってのコミュニケーションは
>お互いの身分を明らかにする必要があるためです。
>パブリックコメントなど実名が原則となっいてること、
>よくご承知のことと思います。

>役員において協議を行い、お名前や連絡先をお尋ねした意図を
>ご説明するよう指示がありました。

名前と住所を聞いてきたメールが2/15でしたので、1か月以上経過して、相談した内容には一切触れず、この内容のメールでした。
あのまま何も返ってこない方がまだ良かったと思います。

自分が誇りを持って仕事をするため、ケマネージャーの地位向上のための職能団体と信じてきたので、本当に悲しかったです。

私としては、
・「協会会員と協会の関係」と、パブリックコメントが一緒だとは知らなかった
・掲示板に投稿する際は「身分を明らかにするように」ホームページに記載してほしい

ということを書き、返事は結構ですと、終わりにしました。