SS2

ライル軍がエリア11サイタマで…

[1] 投稿者:健 投稿日時:2016/2/11 18:46 (Thu) No.839

サイタマ、カスカベゲットーの視察に来たライル軍……

息子「おぉ!きれいなおねえさんがいっぱいだーーー!!」

父「うぉぉ!流石皇子様!ハーレムを作って…」

母「おのれら何考えとんじゃーーーーー!!!」

母親が父親と息子の頭をぶつけ、更に拳を頭にねじ込んだ。

ライル「!!レイ、長野…あれを見たか?」

レイ「ええ、見ました。」

長野「何と言うことだ…」

ライル「奥さん、よろしいでしょうか!?」

母「!?…はい、何でしょう!」

突然態度がころりと変わり、父親と息子を放り出した。

息子「かあちゃん、また始まったぞ。」

父「いつものことだ…」

赤ん坊「たぃ…」

有紗(赤ちゃんまで…この一家、世界が滅びても生き残りそうだわ。)

ライル「先ほどのお仕置き。あの技を私にも伝授ください!」

母「はい?」

父「だははは!そう来たか!!」

息子「いい年して情けないぞ、おばさん!」

赤ん坊「きゃきゃきゃきゃ!」

母「うるさーーい!!」

ドガ!ガシャ!バッシィン!!


そして、本国

ライル「またやったかーー!!」

ヴェルド「んぎぇぇぇぇ…!」

エルシリア「何だ、あれは?」

ゲイリー「エリア11で出会ったある母親のお仕置き技だそうです。記録を見ますか?」

記録を見たら……

エルシリア「!…これは、何という見事な技。」

セラフィナ「ええ、力の加減が絶妙です。」


ビスマルク「一般市民でしかも只の母親なのにこの威力…」

ジノ「痛そう…」

ドロテア「ああいう教官が欲しいですね。」

アーニャ「虐待じゃなくてしつけなのね。」

スザク「凄い…こんな見事な切れのある技は初めて見た。」

更にもう一つの技…

ゴキイィン!!

ノネット「凄い!」

ルキアーノ「体重の乗せ方が理想的だ…」

モニカ「ええ、これだけ理想的なげんこつを出来る人はそういません。」


マンフレディ「はははは!面白い母親だ!」

ファルネーゼ「これで一般民衆…恐ろしいな……!」

ゴドフロア「かなりの熟練だな。」

レーモンド「うむ……将来有望な人材だ。」


ヴェルド「大将、すっかりあの技気に入って俺らがに練習込みでやるの。」

コローレ「あんなの続けられたら死ぬよ…」

ヴェルド・コローレ「ひいぃぃぃぃん!!」

元ネタはご存じあの国民的アニメです。実際、あの二つは凄まじい威力だと思います。

[2] 投稿者:健 投稿日時:2016/2/11 18:53 (Thu) No.840

追加……

普段のあの一家の行動は流石にこの掲示板では出せないと思うので、ナンパ癖や靴下、お仕置き程度の方が良いと思います。





↓この記事のレスを書き込みます
名前:

URL:

Mail:

内容: (携帯絵文字の入力)


文字色:

パスワード(3〜8文字):


 スレッド一覧 Home 管理画面  携帯にアドレス送信 


削除する人→ 投稿者: 管理者:  削除記事No: パスワード:
無料レンタル FreeBBS.biz