SS2

トウキョウの空で実った愛…だが。

[1] 投稿者:健 投稿日時:2015/11/1 16:54 (Sun) No.627

ライル「……小説版で脱出したとされていたとはいえ…何故あれで生きている?」

ゲイリー「確かに…」

ルルーシュ「俺は驚かないぞ。何せ死んでもおかしくない状況で生きているのがここに二人もいるからな。」

スザク「危なかったけどね。」

ジェレミア「私もです。」


ヴェルド「ていうか…あいつら戦闘中に空の上でいちゃいちゃしやがってーーーー!!!」

優衣「私もライル様とあんな風にしたいーー!!」

コローレ「殿下!グリンダ騎士団討伐を…」

ライル「却下。……とりあえず祝福の花束と見舞いのメッセージカードでも送っておくか。」

[2] 投稿者:JIN HP 投稿日時:2015/11/7 21:56 (Sat) No.639

どことなくピーター・パンとウェンディを連想。

[3] 投稿者:健 投稿日時:2015/11/15 01:36 (Sun) No.658

JINさん

私はディズニーのアニメしか見てないのでちょっとピンときません。ごめんなさい。

[4] 投稿者:葛葉優姫 投稿日時:2015/12/11 22:38 (Fri) No.727

有紗「うーん、そんなに驚く事でしょうか? 正規の訓練を受けた職業軍人で、しかもKMFに騎乗していたんですよね? 」

レイ「子供の頃に生身でKMFに襲われて、知恵だけを武器に生存競争した身としては、あの程度の事で何を驚く事があるのかとお訊ねしたい」

ライル「うわぁ……住んでる世界が違い過ぎる」

[5] 投稿者:健 投稿日時:2015/12/12 09:27 (Sat) No.730

葛葉優姫さん

雛「そうよ。何せテロリスト鎮圧任務でも他の名誉盾にしてグラスゴーから逃げたんだもの。」

良二「我ながらよく生きていたものだ。」

長野「実際に生身で戦ったことがある私は何度も死にかけた。」

秀作「魔物共など10歳程度の俺なら生身でもKMFに勝てる手を見いだせるなどという期待をする始末だ。」

ライル「最後はともかく……色々と申\し訳ない気分してきた。ねえ、やっぱり僕のしている事って自己満足?只の兵隊ごっこ?」

ヴァル「うおおお!!これ以上言うな!!」

セルフィー「しっかり!あんたがおかしくなっちゃ私としても困るのよ!姉さん!この際だからそのどでかい胸でこの人包んで!」

エレーナ「な…!何言ってるのよ!?」

クリスタル「じゃあ私の胸で…」

エレーナ「だめ!!」

ギャアギャア喧嘩を始め……

ライル「…………やかましい!!!!」

半径30メートルにはしっかり響いた。

全員「………ごめんなさい。」

[6] 投稿者:葛葉優姫 投稿日時:2015/12/15 19:47 (Tue) No.735

対KMF戦の常識

ブリタニアをはじめとする世界の場合:ラウンズ級の戦闘力を持った特殊な部類なら、相手より高性能\なKMFを使う事で勝利者となれる

イレブン……と言うか戦時中に旧日本に住んでた人の場合:普通人でも知恵を駆使すれば、単身の生身に徒手空拳で武装したKMFの集団に襲われても生き残る程度は可能\\r

こんな感じだと思ってる



有紗「より正確には、対応出来なかった人は絶滅したんですけどね」

アーニャ「そういえばナナリー達も戦時中からエリア11に住んでたって言ってた」

ジノ「へー。じゃあ先輩達にもイレブン並の生存スキルがあったり? 」

ルルーシュ「それは違う、間違ってるぞジノ!! か弱い俺や眼と脚が不自由なナナリーを人類止めた連中と一緒にするな!! 」

レイ「失礼ね。中の人が素人で空飛ばないビーム撃たない単独の旧式なら無力化できる程度よ」

ライル「おいおい、流石にそれは……」

モニカ「殿下、彼女の言、冗談じゃ無いんです。私、この眼でしかと視ました。適当なビルの屋上からバイクで勢い付けてKMFに跳び移って内部に乗り込んで……」

ルキアーノ「映像付きのレポート読んだが……何処のハリウッドだよ!! それと、私の外れた顎と飛び出た眼は何処? 」

ノネット「私達とは強さの次元が違うな……」

ドロテア「枢木卿もそうだが、イレブンの血が流れる皇族選任騎士には怪物(モンスター)しかいないのか? 」

ビスマルク「帝国最強騎士集団ナイトオブラウンズも、所詮はブリタニアの内だけの事。井の中の蛙とは我々の事か……」

[7] 投稿者:健 投稿日時:2016/2/17 14:39 (Wed) No.865

葛葉優姫さん

イレヴンの常識が全然意味が分かりません。

ギャグだから良いけど、シリアス路線で行くとKMFとカミカゼで勝てるって思い込んでるバカがたくさんいそう。

本職の軍人すら奇跡とカミカゼの違いがわからんのが多い。

因みに……

海棠「言っとくが、俺は違うしカミカゼやらせないぞ。死にたいなら俺がその場で首はねてやる。」

長野「日本軍時代も家族を守るためにカミカゼなどはしなかった。第一、守るためにもまず生きなければ。」

池田「全てを否定する気はない…が、只闇雲にカミカゼをするのであればそれは英雄的所行でも蛮行でも無い。只の愚行だ。」

藤堂「カミカゼなど言語道断。泥をすすってでも生きて、明日の戦いに望むのだ。」


優衣「化石のオヤジですらこれか。やっぱり日本見限って良かったわ。」

涼子「ああいうバカが多すぎるから私達がブリタニア人に死ぬのが大好きとか見られるのよ。」

ライル「私やゲイリーをそんな愚か者共と一緒にするなよ?」

エルシリア「念のため言うが、私も違うぞ。」

セラフィナ「私もです。」

ライル軍日本組「いや、普段見てれば分かりますよ。」

[8] 投稿者:JIN 投稿日時:2016/3/27 11:52 (Sun) No.998

ティンク「他の諸国や抵抗勢力は僕たちブリタニアをとにかく非難罵倒する。まあそれは仕方がない事だろうが、それだけでは僕たちを倒せんよ」

レオン「というと」

ティンク「所詮は彼らもまた僕たちと同じく欠点と問題を抱えた存在だからさ。そしてそれを自覚して解決するんじゃなく、僕たちのせいにして誤魔化そうとする限り、彼らは永遠に僕たちブリタニアには勝てない」

レオン「それって喜ぶべきなんでしょうか」

ティンク「さあね」





↓この記事のレスを書き込みます
名前:

URL:

Mail:

内容: (携帯絵文字の入力)


文字色:

パスワード(3〜8文字):


 スレッド一覧 Home 管理画面  携帯にアドレス送信 


削除する人→ 投稿者: 管理者:  削除記事No: パスワード:
無料レンタル FreeBBS.biz