SS2

○○鎮守府騒動記13

[1] 投稿者:葵 投稿日時:2015/10/3 21:25 (Sat) No.547


<13・旅館>


叢雲「さ、行くわよ」

速吸「あの、叢雲さん。ここって?」

叢雲「見ての通りの島よ、海図にも載ってない」

速吸「なんでこんなところに?」

叢雲「すぐわかるわよ」

‘少女たち移動中’

弥生「これって・・・」

卯月「おっきい旅館だぴょーん!」

???「ふむ、ようやく来たか」

叢雲「あら、わざわざ出迎えてくれるなんて気が利くわね」

???「久方ぶりの来客だ、しっかりともてなしてやらんといかんからな」

速吸「ええっと、あなたは?」

???「ん? ああ、自己紹介がまだだったな。大和型戦艦二番艦 武蔵だ。今はこの島の管理者をさせてもらっている」

速吸「管理者・・・?」

武蔵「それはさておき、そっちの四人が例の艦娘達か。入渠の準備はできている、揃って入ってくるといい」

睦月「ケガしてるのは如月ちゃんだけですけど」

武蔵「ここまでまともに休めていないのだろう? ならゆっくりと体を休めることだ、誰も咎める者もいないのだから遠慮は無用だ」

如月「ここはお言葉に甘えましょう」

弥生「ありがとうございます」

卯月「お風呂だぴょーん!」

武蔵「早霜、すまんが案内を頼む。私は叢雲と少し話があるのでな」

早霜「わかりました、じゃあこっちよ」


[2] 投稿者:葵 投稿日時:2015/10/3 21:38 (Sat) No.548

武蔵「しかし、こうして顔を合わせるのも久方ぶりだな。皆息災か?」

叢雲「ええ、騒がしい限りよ。この子は速吸、最近配属になった子よ」

速吸「よ、よろしくお願いします!」

武蔵「ああ、こんな辺鄙な場所だがゆっくりしていってくれ」

速吸「さっき、島の管理者と言ってましたけど大和型といえば超弩級戦艦、そんな方がどうしてこんなところに?」

武蔵「うむ、管理者としてここにいるのもそうだが療養とリハビリを兼ねているのも理由の一つだ。ある出撃でいささか負傷してしまってな」

叢雲「何がいささかよ、腕が捥げかけておいてよく言えたものね」

速吸「腕が捥げた!?」

武蔵「はっはっは、まあそんなわけで今では旅館の女将めいたことをして余暇を過ごしているわけだ。ひさびさの客だ、料理の出来が期待していてもらおう」

叢雲「ええ、そうさせていただくわ」

速吸「・・・・・・」

叢雲「ほら、早く来なさい。艤装の簡単なメンテしちゃうわよ」

速吸「あ、はい!」




<つづく>

[3] 投稿者:葵 投稿日時:2015/10/3 21:54 (Sat) No.549

〔作中登場の艦娘設定〕


・天龍(軽巡洋艦)
当鎮守府における遠征任務の総括長を任せられている艦娘、その補佐が龍田。
現在は遠征任務を主に行っているが練度は高水準であり同艦種の改二勢にも劣らぬ実力の持ち主。
遠征任務に従事しているため駆逐艦から懐かれており、本人の面倒見の良さもあってか指導艦として新人艦娘の教練を担当することも稀にある。


・木曽改二(重雷装巡洋艦)
当鎮守府におけるスペシャリスト、雷巡トリオの末女。
平時は遠征にも参加せず鎮守府で待機していることが多いが、大規模作戦などに出撃した際には姉二人とともに多大な戦果を叩き出している。
天龍とは顔を合わせるたびに口論・喧嘩が絶えないが別段仲が悪いわけでもなく言うなれば悪友、互いに意識するのもキャラ被りによるものである。





↓この記事のレスを書き込みます
名前:

URL:

Mail:

内容: (携帯絵文字の入力)


文字色:

パスワード(3〜8文字):


 スレッド一覧 Home 管理画面  携帯にアドレス送信 


削除する人→ 投稿者: 管理者:  削除記事No: パスワード:
無料レンタル FreeBBS.biz