SS2

○○鎮守府騒動記11

[1] 投稿者:葵 投稿日時:2015/9/30 06:37 (Wed) No.540

<11・最速とキャプテン>


‘ドォン ドォン’

卯月「もおー! しつこいぴょん!!」

睦月「みんな頑張って、もう少しのはずだから!」

如月(大破)「もう、いいわ。三人とも私を置いていって」

睦月「ダメだよ如月ちゃん!」

弥生「皆で帰るんだ、そんなこと言ったらダメ」

如月「私を連れてだと速度が出ないわ、三人まで一緒に沈んじゃそれこそ・・・」

睦月「でも!!」

卯月「あー! 弾切れだぴょん!」

弥生「・・・睦月、残ってる弾薬全部ちょうだい」

睦月「弥生ちゃん!?」

弥生「この中で弥生が一番動ける、三人が逃げ切るまでの時間稼ぎはできる」

卯月「ぴょん!?」

睦月「それじゃあ意味ないよ! みんなで帰るって!?」

如月「弥生・・・・・・」



イ級【―\―\―\―\―\!!】

弥生「!?」





「おっそーーーい!!」

‘ドドドンッ!’

イ級【!!??】

睦月「・・・え?」

卯月「な、なんだぴょん!?」

島風「逃げるの遅いよ、そんなんじゃあ追いつかれちゃう」

弥生「あなたは・・・」

島風「いいから逃げる逃げる、いくよ連装砲ちゃん!」

睦月「助かった・・・?」

如月「でも、いくらなんでも一人じゃ・・・」



「挨拶代わりだ、受け取りな!!」


‘ドドォンッ!!’

イ級【!??】

へ級【!?!】


卯月「ぴょんっ!!?」

弥生「ら、雷撃!?」

木曽「お前ら大丈夫か!?」

睦月「は、はい。でも如月ちゃんが・・・」

天龍「後から来てるやつがいる、そこまで頑張って下がれ、後ろは気にするな」

弥生「は、はい!」

天龍「早霜は島風の援護! 木曽、でかいのは何残ってる!?」

木曽「重巡1に雷巡2、俺が雷巡をやる!」

天龍「二体相手にへまするなよ!」

木曽「お前こそ!!」



<続く>





↓この記事のレスを書き込みます
名前:

URL:

Mail:

内容: (携帯絵文字の入力)


文字色:

パスワード(3〜8文字):


 スレッド一覧 Home 管理画面  携帯にアドレス送信 


削除する人→ 投稿者: 管理者:  削除記事No: パスワード:
無料レンタル FreeBBS.biz