SS2

かなり古い本からの種ネタ

[1] 投稿者:健 投稿日時:2017/4/12 21:27 (Wed) No.1354

マガジンZ版作者の書いたアニメガイドのオマケ……ハイネのグフをネタにした寒いギャグを見たシオンたちは………

シオン「俺…無性にアークエンジェルが恋しくなった。」

ミサキ「私も…イザーク達にこの危機を知らせたい。」

アスラン「き、気持ちは分かるが堪えろ。」

ハイネ「何辛気くさい顔してんだ。お前、ザクに乗ってんだろ?」

シオン「あ、ああ……」

ハイネ「なら、ザクだけにザックリ行こうぜ。」

シオン「!!」

ミサキ「……絶望した。」



翌日……シオンとミサキは置き手紙を残して消えた。それは……

『除隊届兼絶縁状………もう、ここにはいられない。二年間一応世話になった。今後、俺はアークエンジェルのクルーとして戦う。身勝手な期待に加えて恐ろしいほどに寒く、くだらないギャグを飛ばすFAITHと同じ空気に耐えられない。お前達とはこれっきりだ。後、アスラン。そこが嫌になったらいつでも逃げ出せ……手遅れになる前に。イザーク達にもこの事態は伝えてある。』

アーサー「えええええ!!??」

タリア「一体、何を言ったの?」

ハイネ「うーーん……お互いジンに載ってたからジーーンと来る話で和ませようとしたんですけど。シグーみたいに時雨のようなギャグを飛ばした方がよかったのかな?」

タリア「ええ、わかったわ。シオンとミサキが逃げた気持ちが非常によく分かったわ。」

アーサー「えぇと………君、ギャグセンスないね。」

カイン「……俺もアークエンジェルに行く。」

シン「ぎゃあああ!!待て、待て、早まるなーーー!!!」

アリス「分かるけど、それは駄目ーーー!!」

アスラン「俺もセイバー持ってアークエンジェルに行く……」

ルナマリア「いやああああ!!待ってーーー!!」

メイリン「それは駄目ーーー!!」

ルゥ「………止めないのか?」

レイ「いや、あのギャグを連発されては逃げたくなった気持ちが痛いほど分かる。」


イザーク「…………あの時、撃ち落としておけばよかった。」

ディアッカ「だな…」

ニコル「僕達、どこで何を間違えたんでしょう?」

シホ「あんなギャグ飛ばす人間と同じ軍にいた時点ででしょう……」

四人「はぁぁぁぁぁ………」



イリア「?なんか、今自分だけすっげえラッキーな気がした。」

レナ「何、それ?」

[2] 投稿者:JIN 投稿日時:2017/4/20 09:18 (Thu) No.1359

スティング「なんかステラを主役にしたような作品を発表\した奴がいるらしいぞ」

ステラ「ほんと?」

アウル「どこどこ!?」





↓この記事のレスを書き込みます
名前:

URL:

Mail:

内容: (携帯絵文字の入力)


文字色:

パスワード(3〜8文字):


 スレッド一覧 Home 管理画面  携帯にアドレス送信 


削除する人→ 投稿者: 管理者:  削除記事No: パスワード:
無料レンタル FreeBBS.biz