SS2

お正月だね

[1] 投稿者:健 投稿日時:2017/1/1 19:05 (Sun) No.1326

エインズワース家にて……

有紗「凄い……」

長野「本場顔負けだ。」

イレヴン組の前には色とりどりの豪華なおせち料理が並んでいた。作ったのは……

クレア「お雑煮もあるから、エリア11になってから中々良いものが手に入らなくて。全く、文化とか食材という意味では私は反ブリタニア主義よ。」

作ったのはクレアだった……

エルシリア「相変わらず凝るわね。」

クレア「凝るならとことん凝らなきゃ。機会があったら肉じゃがとかご馳走しますよ?」

セラフィナ「日本のおせちって縁起物なのよね?」

クレア「そ、日本語のダジャレや語呂合わせをなぞっているの。エビなら腰が曲がるくらい長生きって具合で。昆布巻きなら昆布をよろこんぶ…幸福を願ってね。」

シルヴィオ「私は興味がないのだが?」

クレア「あら、レディの手料理を無下にする気ですの?」

木宮「酷い男…」

シルヴィオ「…分かった、分かった。」

食べた

エルシリア・セラフィナ軍「おいしいわ……」

シルヴィオ軍「む…確かに。」

エリア11出身者「ああ、懐かしい……ありがとうございます、エインズワース郷。」

クレア「ライル殿下、飯田有紗さんをお借りしてよろしい?」

ライル「?構\いませんが…」

十\分後…

クレア「じゃーん!!」

有紗、更にレイやサラが振り袖で登場した。

「おおおお!!」

ライル「…………」

ヴェルド「赤いぜ、大将?」

ライル「!!」

優衣「うぎぎぎぎ……!」

エレーナ「あの…私達の分は?」

クレア「いらっしゃい。」

が……

クレア「無理だわ、その胸が大きすぎて入らない。ていうか、エルだって入らなかったのよ。それ以上のスイカやメロンは無理よ。」

優衣「むきーー!!アピールポイントが足かせになるなんてーー!!」

有紗「あ、あの…どうでしょう?」

ライル「え?あ、い、いや…その……す、凄く…きれいだよ。」

レイ「私や有紗と比べたら、誰が一番です?」

ライル「え?……えぇと…レ、レイ…」

サラ「そ、そうですか……」

全員「だから開き直って全員にしろって。」

[2] 投稿者:JIN 投稿日時:2017/2/7 14:09 (Tue) No.1334


ジノ「いよー。スザク。これでいいのか?」

スザク「なんだなんだ。それ」

アーニャ「シシマイ…だって」

ジノ「一緒にやろーぜー」





↓この記事のレスを書き込みます
名前:

URL:

Mail:

内容: (携帯絵文字の入力)


文字色:

パスワード(3〜8文字):


 スレッド一覧 Home 管理画面  携帯にアドレス送信 


削除する人→ 投稿者: 管理者:  削除記事No: パスワード:
無料レンタル FreeBBS.biz