便利過ぎビビった!複数の金融資産を全自動でまとめる凄い無料サイト



Money Forward

銀行口座や証券口座、クレジットカードなど複数持っている方も多いはず。どこの口座にいくら位あるかや今月どんなものにいくらカードで使ったかを全て把握できていない方も多いのではないでしょうか。

そんな方におすすめなのが無料の家計簿マネーフォワード というインターネットサービスです。



金融機関を登録しておくだけで、資産の推移を管理してくれたり毎月の支出を何にいくら位使ったか自動で分類してくれたり面倒くさがり屋の方にぜひともおすすめしたいサービスです。しかも登録料・手数料は一切かからず無料なのでまずは試しに登録してみるといいでしょう。

便利機能その1 自動で金融資産読み込み

登録した口座の金融資産を自動で分類し、読み込んでくれます。証券口座だったら株式や投資信託の銘柄ごとにいくら金融資産をもっていて評価損益がいくらかを自動で読み込みます。

130330_1.jpg

公共料金支払い口座を分けている場合などに口座残高がそろそろ無くなってきたなという場合も一目瞭然。あなたは月一でこのサイトをチェックするだけで済みます。

便利機能その2 自動で毎月の支出を分類

登録したクレジットカードの支出を項目ごとに自動分類し、何にいくら位使っているかを見える化してくれます。自分でガソリンなど入力しなくても、ある程度サイト側で支出項目を自動判別して分類してくれるのです。支払いを基本的にクレジットカード払いにして置けば、勝手にどんどん分類されていきます。

130330_0.JPG

しかも、月次で何にいくら使ったのかをグラフで可視化することができます。この機能はほんとうに便利!

130330_2.JPG

月次の収入・支出の推移もグラフで可視化すると、赤字・黒字の収支も一目瞭然。

130330_3.jpg

便利機能その3 入出金をメールで通知

さらに便利な機能として設定金額以上の入出金があった際にメールで通知してくれる機能があります。思わぬ口座残高などを適宜把握できる事ができ大変ありがたい機能です。

130330_5.jpg

現在対応している金融機関は下記96社。ポイントサイトや年金口座まで対応しているのは凄いですね。

現在対応している金融機関(全96社)

銀行

イオン銀行
オリックス銀行
埼玉りそな銀行
シティバンク
じぶん銀行
ジャパンネット銀行
ジャパンネット銀行(ログインID)
新生銀行
住信SBIネット銀行
スルガ銀行
セブン銀行
ソニー銀行
大和ネクスト銀行
東京スター銀行
福岡銀行
みずほ銀行
三井住友銀行
三井住友信託銀行(旧・住友信託)
三菱東京UFJ銀行
ゆうちょ銀行
横浜銀行
楽天銀行
りそな銀行

カード

アプラスカード
アメリカン・エキスプレスカード
イオンカード
出光カード
SBIカード
ENEOSカード
エポスカード
エムアイカード
MUFGカード
オリコカード
クラブ・オン/ミレニアムカード
JCBカード
シティカード
ジャックスカード
セゾンカード
セディナカード(OMC Plus)
セブンカード(JCB)
ダイナースクラブカード
タカシマヤカード
TSUTAYA Wカード(アプラス)
TSUTAYA Wカード(ポケット)
TS CUBICカード
DCMX、DCMX GOLDカード
DCカード
東急カード
ニコスカード
ビューカード
ファミマTカード
ポケットカード
三井住友トラストカード
三井住友VISAカード
三菱東京UFJ-VISA スーパーICカード
UCカード
ヨドバシゴールドポイントカード・プラス
ライフカード
楽天カード
りそなNetアンサーplus

証券

SMBC日興証券
SBI証券
岡三オンライン証券
カブドットコム証券
GMOクリック証券
大和証券
野村ネット&コール
野村證券(ホームトレード)
野村持株WEBサービス
松井証券
マネックス証券
楽天証券

FX・先物

外為オンライン
外為どっとコム(外為ネクスト)
サイバーエージェントFX(外貨ex)
DMM FX

投信

セゾン投信
ひふみ投信

年金

SBIベネフィットシステムズ
NRK(確定拠出年金)
JIS&T(確定拠出年金)
ねんきんネット

ポイント

ANAマイレージ
げん玉ポイント
JALマイレージ
Tポイント
Pontaポイント

携帯

au (au ID)
au (サポートID)
ソフトバンクモバイル
ドコモ



ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログランキング・にほんブログ村へ

- スポンサードリンク -